プーケットのおすすめホテル10選【子連れ向けプールスライダー情報有】

プーケットのおすすめホテルビーチ選びガイド

いほーじんA的オススメホテルをご紹介!

6歳&3歳の子育て中の主婦目線のためファミリー向けホテルがメインになります。

まだ、プーケットのどのエリアに滞在するか決めていない場合はビーチ選びチャートとエリア解説もチェックしてみて下さい♪


プーケットのビーチ選びチャート






パトンビーチのおすすめホテル

ダブルツリー バイ ヒルトン プーケット バンタイ リゾート(DoubleTree by Hilton Phuket Banthai Resort)


利便性に抜群なエリアなので、中心部に近いホテルがオススメです!

コロナで観光客が激減しているので、2021年時点ではビーチとコンビニ(クローズしていない)に近いホテル選びが重要。

中心から外れたホテルや敷地の広いホテルを選択すると、沢山歩くかタクシー代を使うことになります。ラグジュアリーなホテルステイが希望であれば他のエリアにしましょう。

ビーチまで1分、バングラ通り、ジャンクセイロンまで徒歩圏内のバンタイリゾートは2019年にヒルトングループにリブランドし、客室もリノベーション済みで老舗ホテルの多いパトンビーチの中では古くささを感じません。





Agoda派の方はこちら↓
ダブルツリー バイ ヒルトン プーケット バンタイ リゾートの料金をチェック(アゴダ)



コロナ禍の2020年、1泊100バーツの激安プランでパトンビーチに宿泊した滞在記では、客室内の様子などを紹介しました。


カタビーチのおすすめホテル

OZO プーケット (OZO Phuket)


老舗ホテルの多いエリアのため、ホテル選びの際にはホテルサイトのクチコミ等を頼りに設備の老朽化に注意が必要!

OZOは2019年にオープンした新築ホテル。

Amariグループの4☆ホテルブランドで価格帯はリーズナブルですが、設備は充実しています。

このホテルの特筆すべき点は立地です。

ビーチから200メートルほど離れていますが、ホテル脇の路地を抜けたビーチはカタエリアの中でもビーチエントリーダイビングが行われる穴場。

キレイなビーチでシュノーケリングを楽しみたいという方にもおすすめです。


客室は他のホテルに比べると、ややコンパクト。


サーファーの多いエリアから少しずれているので、ファミリーにも安心です。

キッズプールが充実しているので、小学校低学年くらいまで楽しめますね。






Agoda派の方はこちら↓
OZOプーケットの料金をチェック(アゴダ)



もう少し大きなお子さんがいて、大きなプールスライダーで遊ばせたい!という方には

パムックーリゾート(Pamookkoo Resort)
がオススメです。





プーケットタウンのおすすめホテル

ザ メモリー アット オン オン ホステル(The Memory at On On Hotel)


プーケットタウンには大型のビジネスホテルもありますが、地元密着型のゲストハウスやホステルがおすすめです。

オン オン ホステルはプーケットで最も古く、タイルや家具、インテリアの全てがシノ・ヨーロッパ様式。プーケットに色濃く残るプラナカン文化を感じることができます。

レオナルド・ディカプリオ主演の『ザ・ビーチ』の撮影にも使われたことで有名になりました。

[itemlink post_id=”722″]


『ザ・ビーチ』作中ではバックパッカーの宿泊するゲストハウスという位置づけでしたが、後にリノベーションされ、歴史や文化を感じられる趣あるホテルとして、今ではすっかり予約が取りにくい人気の宿です。



2020年にはタイの映像制作会社Nadao Bangkokによるプーケットを舞台にしたBLドラマ『I Told Sunset About You(แปลรักฉันด้วยใจเธอ)』のロケ地としても利用された場所。


↓作品ファンならこのロケーションに見覚えがあるはず!





Agoda派の方はこちら↓
ザ メモリー アット オン オン ホステルの料金をチェック(アゴダ)



バンタオビーチのおすすめホテル

サンウィング バンタオ ビーチ (Sunwing Bangtao Beach)


バンタオにはラグーナリゾートという高級ホテルエリアが有名ですが、あえてラグーナ外のホテルを紹介します。

ラグーナ内は敷地内を走るシャトルやボートが無料で乗り放題ですが、各ホテルの敷地はどこも広大でビーチに行くにも結構な体力を使います。

何週間も滞在でき時間とお金に余裕がある場合は良いですが、数日の滞在であればコンパクトに満足できる施設がおすすめです。

ラグーナリゾートの南側にあるサンウィングバンタオは、ビーチフロントにありながらプールスライダー付きで、価格帯もリーズナブルな上、設備もしっかりとしたホテルです。


ファミリー向けの客室(Happy Baby Studio)を選択すれば簡易キッチンもあるので、食料を買い込んでホテルでのんびりすることもできます。







Agoda派の方はこちら↓
サンウィング バンタオ ビーチの料金をチェック(アゴダ)



スリンビーチのおすすめホテル

ノボテル プーケット スリン ビーチ リゾート (Novotel Phuket Surin Beach Resort)(旧コートヤード プーケット アット スリン ビーチ)

※2021年6月30日まで休業、2021年7月1日以降の再開を予定しています。


スリンビーチには大人世代にオススメのツインパームス、インターコンチネンタル、ハイアットリージェンシーなど、高級リゾートが多数あります。

しかし、ここにもお手軽な価格帯で、最高にファミリー向けなホテルがあるんです!


2つのプールスライダーは小学生が楽しむのに丁度良い大きさで、2階建てのキッズクラブもあります。

ホテルのエントランスにはオモチャとお菓子だけを売る、子ども向けのミニマートがあり、ロビーにはアイスクリームスタンドやゲームセンター。


卓球台、ビリヤード、幼児向けの砂場、子供用ミニシアターまであり、キッズが帰りたがらないほど子供向け設備が充実しています。


日曜日の午後からプールで子供向けの泡パーティが開催され子供に大ウケ間違いなし。大人も一緒になって楽しむことができます。
※2021年6月30日まで休業、2021年7月1日以降の再開を予定しています。イベント開催については再開後確認が必要です。




Agoda派の方はこちら↓
ノボテル プーケット スリン ビーチ リゾートの料金をチェック(アゴダ)


マイカオビーチのおすすめホテル

スプラッシュ ビーチ リゾートバイ ランガム ホスピタリティ グループ(Splash Beach Resort Mai Khao Phuket)


マイカオビーチはプーケットの中心部まで遠いため、ロケーション上ホテルステイが中心になるエリアです。

そこで、ホテル内で遊び倒せる&コスパの良いホテルをご紹介します。

スプラッシュ ビーチ リゾートはプーケットで最初にできたウォーターパーク、スプラッシュジャングルに併設するホテルです。

元々は2011年のスプラッシュジャングル ウォーターパーク開業に合わせてオープンし、セントラルデパートグループの「センタラ グランド ウエスト サンズ リゾート & ビラス」という名前でした。

その後、グループから外れ「グランド・ウエストサンズ・リゾート」になり「スプラッシュ ビーチ リゾートバイ ランガム ホスピタリティ グループ」として営業中です。


以前はホテルに宿泊していても、ウォーターパーク入場料は別途を支払う必要がありましたが、リブランド後は宿泊料に定員分X泊数のウォーターパークの入場料が含まれるようになりました。


2021年4月時点のウォーターパーク入場料定価は800バーツ/一人あたり(2人で1,600バーツ)

アゴダでの料金確認では4月上旬・週末の滞在でデラックス キング(バルコニー付き) (Deluxe King with Balcony・朝食込み・税サービスチャージ別)が1,205バーツ/1泊あたり

※2021年4月時点スプラッシュジャングル ウォーターパークは週末(金・土・日)のみの営業です。

あれ?宿泊した方が安くない?



Agoda派の方はこちら↓
スプラッシュ ビーチ リゾート マイ カオ プーケットの料金をチェック(アゴダ)

このホテルはプーケット空港のすぐ隣にあるため、ビーチから至近距離で飛行機の着陸風景を撮影できるビーチまで歩いて向かうこともできます。

>>トリップアドバイザーから飛行機ビーチの詳細をチェック



ナイヤンビーチのおすすめホテル

ディワ プーケット(Dewa Phuket)


ナイヤンビーチは空港から5分距離にあるため、島内をあちこち移動する予定や、離島ツアーの参加がなければ滞在時間を有効に使うことのできるビーチです。


2018年頃からデラックス(38㎡)のお部屋がボトムのお部屋になりましたが、このホテルに滞在するのであれば1ベッドルームスイート (67㎡)や


プールヴィラ(70㎡)がオススメです。

お部屋の広さや設備に対して料金が安く、お部屋をアップグレードした方がコスパの良い!




Agoda派の方はこちら↓
ディワ プーケットの料金をチェック(アゴダ)


ラワイエリアのおすすめホテル

ザ ヴィジット リゾート プーケット (The Vijitt Resort Phuket)


熱帯雨林の庭園の中にヴィラタイプの客室が並ぶヴィジットは、予算に余裕があればプールヴィラにアップグレードして優雅に滞在したいホテルです。


敷地は広くカートを呼んでの移動がおすすめですが、自然豊かなガーデンも魅力で朝夕の涼しい時間は歩いて移動しても気持ちの良い場所。

プーケット南端のラワイエリアの中でも、東海岸にあることから、乾季でもそこまで海がキレイという訳ではありませんが、雨季は西側の海が荒れるため、年間を通して穏やかな海を楽しむことのできるリゾートです。


ハネムーンにもぴったりのリゾートですが、ファミリーフレンドリーな設備も充実しています。

キッズクラブの敷地内に子供用のプールやミニマートが併設されているホテルは珍しく、子育て世代にとにかく助かる配置です。





Agoda派の方はこちら↓
ザ ヴィジット リゾート プーケットの料金をチェック(アゴダ)


東海岸のおすすめホテル


広範囲のエリア紹介となるため、オススメホテルを3カ所紹介します。

ザ ナカ アイランド ア ラグジュアリー コレクション リゾート&スパ (The Naka Island, a Luxury Collection Resort & Spa, Phuket)


あまり知られていませんがプーケット県に属する離島、ナカアイランドにはマリオットグループのザ ナカ アイランドリゾートがあります。


空港から30分、アオポグランドマリーナ(Ao Po Grand Marina)からボートに乗ったら約5分、短時間で行ける島でありながらプライベート感満載で洗練されたリゾートがあることに驚きです。


お部屋やビーチも素晴らしいですが、特にスパは他にない雰囲気で、最高に癒やされます。





Agoda派の方はこちら↓
ザ ナカ アイランド ア リゾート&スパの料金をチェック(アゴダ)


コモ ポイント ヤム プーケット (COMO Point Yamu, Phuket)


イタリア人女性デザイナーの手がけたコンクリートとタイルのコンテンポラリーなデザインで、白と青を基調とし、どこを切り取っても絵になるホテル。


船で5分のナカアイランドにビーチクラブを持っているため、宿泊客は無料でナカ島のビーチを利用することができます。





Agoda派の方はこちら↓
コモ ポイント ヤム プーケット の料金をチェック(アゴダ)


ヤオ島へ行きのボートが出ている港にも近いので、この辺りで1泊してヤオ島に行くのもいいかも知れません。



ザ ビレッジ ココナッツ アイランド ビーチ リゾート (The Village Coconut Island Beach Resort)


プーケットからボートで15分程の島、ココナッツアイランドにあるリゾートもナカアイランド同様あまり知られていない穴場スポットです。


このリゾートは離島にありながらリーズナブルな価格帯で滞在できるところが魅力です。

ただ島内は食料品などの物価が高いため、スーパー等で買い出し後に向かった方が経済的かもしれません。





Agoda派の方はこちら↓
ザ ビレッジ ココナッツ アイランド ビーチ リゾートの料金をチェック(アゴダ)


さいごに


いかがでしたか?そこまで贅沢せず、小さなお子さんのいるご家族でも滞在しやすいホテルをご紹介しました。

滞在の目的に合わせて、エリアを決めてからホテルを選ぶと到着後の失敗は減らせるはずです。

2021年はコロナの影響で人員の調整がつかずホテル内のオペレーションがガタガタという話も聞きます。

一日も早く海外からの旅行者が戻り、観光で賑わう島を多くの人が楽しめるよう祈っています!

滞在先が決まったらグルメ情報もチェックしてみませんか?



最後までお読みいただきありがとうございました。

普段はTwitterでぼやき、インスタグラムで退屈な写真をアップしています。

役に立ったと思ったら拡散&プーケットからの情報発信が気になるという方は是非フォローをお願いします。


海外生活でのバイリンガル育児にお悩みの方へ

タイトルとURLをコピーしました