ピピ島のマヤベイが2021年に開放される?閉鎖前のツアーを紹介

プーケット・ピピ島マヤベイピピ島

2020年新型コロナウィルス感染拡大の影響で海外からの旅行者がなく、アジアでも有数のリゾート地プーケットは苦境に立っていますが、その周辺の離島もまた大変な危機に瀕しています。

そんな中、ピピ・レイ島で環境保全のため閉鎖中のマヤビーチ(マヤベイ)が2021年から再び観光客に開放されるのでは!?というニュースが入ってきました!

私は2018年6月にマヤベイが封鎖されるということで、直前の5月に変更後のツアー内容を確認するためピピ島に遊びに行きました。

そのときの写真や動画を交えてタイの秘境「ピピ島」の魅力を紹介します。

写真や動画で旅行気分が味わいたい人
純粋にピピ島に行ってみたい人
海外旅行が解禁されたらタイ旅行する予定の人
旅行会社目線からのおすすめ情報が知りたい人


是非、この記事を読んで旅の参考にして頂ければ幸いです♪



2021年ピピ島マヤビーチを再度観光客に解放するか検討中

ピピ島


タイ南部クラビ県のピピ・レイ島マヤビーチ(マヤベイ)は2018年6月から自然環境の回復のため上陸が禁止され閉鎖されていましたが、タイ政府はCovid-19の打撃から観光業の回復を図るためマヤビーチを再び観光客に開放するか検討しています。

2020年11月4日の報道によれば、11月3日タイ王国天然資源環境省 ワラーウット・シラパアーチャー大臣Covid-19の発生によって機能不全に陥った観光産業を再建するために島を観光客に開放すると語りました。

今後は専門家委員会によって再開の条件として1日あたり訪問人数350人以下といった入場制限や海岸近くにボートが停泊させない方法ついて協議するということです。

2018年の閉鎖の際には、ピピ・レイ島の裏側にあるロサマ湾に桟橋を作り、そこに船を停泊させる計画となっていましたが、その話がどうなったのかは分かりません。
出典:The Nation Thailand




マヤベイは何故そんなに特別か?


無人島であるピピ・レイ島は米国俳優レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の舞台となりました。

この映画は「トレインスポッティング (1996年)」や「スラムドッグ$ミリオネア (2008年)」のダニー・ボイル監督作品で2000年公開です。


タイに自分探しの旅に来た主人公がカオサンの安宿で伝説のビーチ「日常の全てから解放される夢の楽園」に関する話を聞き、安宿で知り合った人たちと伝説のビーチを探しに行くという青春群像劇。

この舞台となったビーチがマヤベイであり、湾の入り口が狭く閉鎖的な楽園の雰囲気にマッチしたローケーションでした。

映画のヒットにより、1日あたり4,000人もの観光客が撮影地を訪れるようになったことで環境が破壊され2018年に閉鎖されることになります。

ピピ島行ったことがある人なら分かりますが、ピピ島まで行ってしまえばマヤベイは突出して美しいビーチというわけでなく、ピピ・ドン島のビーチやピピ・レイ島周辺でも美しい「アンダマンBlue」の海を堪能することができます。

映画と同じように多くの人が「伝説のビーチ」を追い求めてマヤベイを目指すのかも知れません。




2018年ピピ島1日ツアーに参加(スピードボート利用)


2018年5月にノンタサック社という船会社を使って1日ツアーに参加しました。

船会社によってフェリーやスピードボート、カタマランヨット、スライダー付きのラグジュアリー船と船の種類も異なりま、発着の港も船会社によって違う場所です。

行き先もいろいろあります。

ピピ・レイ島周辺+ピピ・ドン島で昼食のパターン

バンブー島に立ち寄るツアー

マイトン島も巡るツアー

早朝出発して船上で朝日サンライズツアー

など様々なバリエーションからお好みのツアーを選ぶことができるのも、ピピ島ツアーの魅力です!


2018年に利用したツアーのスケジュールはこんな感じ♪

マヤベイに一度に入れる船の数は決まっているので、時間調整のため午前中カイ島からスタートするかピピ・レイ島に行くかは当日まで分かりません。

※現在はマヤベイに上陸できない代わりに、モンキービーチに上陸してフリータイムを設けています。

ツアースケジュール

07:30 ホテルを出発
08:45 コ・シレーにあるノンタサック専用港から乗船、出発!
     スピードボートでピピ・レイ島へ向かいます。
    ※フェリーより1時間程早く到着します。
09:30 マヤベイに到着 約1時間のフリータイム
     主に写真撮影をしている人が多いですが、泳いだり島の中を散策することもできます
11:00 マヤベイを出発
    ロサマベイ、ピレラグーン(約30分のスイミングタイム)、バイキングケーブ、
    モンキービ-チを船の上から観光
    このポイントはピピ・レイ島の外周にあるので、船で回って見学します
12:30 ピピ島を出発しカイ島へ出発
13:00 カイ島に到着&ビュッフェの昼食
14:00 カイ島で約1時間のフリータイム 
    島の周りでシュノーケリングでき、魚もたくさんいるので
    あっというまに1時間たってます
15:30 カイ島を出発
16:00 プーケットに到着
17:00 ホテルに到着



現在は船上からしか見学できないマヤベイに上陸

ピピ島のマヤベイに到着


巨岩がそびえ立つピピ・レイ島に到着!

ラグーンの入り口は狭く、波はとても穏やかで素晴らしい透明度。

現在は湾の入り口から見学するのみですが、2018年5月には白砂のビーチに上陸!

プーケット・ピピ島マヤベイ2019年


環境改善のため閉鎖というニュースが流れたのでビーチが汚いのでは?と思った人もいるかも知れませんが、もともと無人島なのでこのときもビーチは美しかった!

海洋生態系や珊瑚の育成回復のための閉鎖ということです。

しかし、同じ船に乗っていた中国人の中年女性は平気でタバコをポイ捨てしていたので、閉鎖は必要だったと感じます。

ピピ・レイ島に上陸した後は写真を撮っている人がほとんどですが、ビーチで遊んだり島の中を散策することもできます。

私はマヤベイの反対側にあるロサマ湾まで行ってみることにしました。

プーケット・ピピ島マヤベイ上陸


途中にトイレもありました。

ロサマ湾はビーチでなく、断崖絶壁?にあるのでこの先の階段を上って行きます。

プーケット・ピピ島マヤベイ・ロサマ


ココがロサマ湾なの?かな?

このときは潮が引いていましたが、満潮時も危険のためここから海に入ることはできません。

プーケット・ピピ島マヤベイ・ロサマ



エメラルドグリーンのピレラグーンへ


マヤベイを後にし、ロサマベイ、ピレラグーン(約30分のスイミングタイム)、バイキングケーブ、モンキービ-チとピピ島の周りを船で巡りながらシュノーケリングタイムや見学タイムを取ります。

プーケット・ピピ島マヤベイ・ピレラグーン

特にピレラグーンのエメラルドグリーンの海は南国の楽園そのもの!

ここでのシュノーケリングはライフジャケットを着用し、ボートの近くで行います。
ボートクルーが船への乗り降りを助けてくれるので、泳ぎが苦手な方でも安心してシュノーケリングに挑戦できますよ♪

プーケット・ピピ島マヤベイ・スイミング


素潜りできるクルーがカメラを持って水中の様子を撮影してくれました。

お魚と私。

プーケット・ピピ島マヤベイ・シュノーケリング


潜るとこんな世界が!これってコーラルリーフってやつでは?

プーケット・ピピ島マヤベイ・サンゴ礁


カクレクマノミもいました!

プーケット・ピピ島マヤベイ・クマノミ


シュノーケリングの後はバイキングケーブへ

プーケット・ピピ島マヤベイ・バイキングケーブ


外側からはよく分かりませんが、島の外周に洞窟が現れます。

昔、海賊のアジトとして使われていた洞窟で中には海賊船のような壁画があるんだとか(入場不可)


お猿さんが現れるモンキービーチへ


モンキービーチはその名の通り野生のお猿さんが沢山生息しているビーチのことです。

マヤベイ上陸が禁止されてからはモンキービーチでフリータイムをとるツアーが増えています。

私たちはマヤベイに上陸したので、ココでは船の上からお猿さんと交流。

ビーチでお猿と写真撮影ができるので、皆さん一生懸命写真を撮っていますが相手は野生の猿なので近づきすぎには要注意です。

万が一猿に引っ掻かれるなど怪我をした場合には病院に行って破傷風の注射を打つ必要があります。どんな病気を持っているか分からないので、可愛く見えても野生の生き物は危険です。注意しましょう。



カイ島で昼食&シュノーケリングタイム


ピピ島からカイ島に移動し、レストランでビュッフェの昼食を頂きます。

タイ料理ですが辛くないので日本人でも食べやすい味つけでした。

カイ島は本当に小さな無人島で数店レストランがあるだけです。

海は穏やかで白い砂浜が心地よく、島の周りは浅瀬でお魚もそれなりにいます。

小学生以下の小さいお子さんと一緒にシュノーケリングを楽しみたいという方にぴったりです。

シュノーケリングを楽しむ人

プーケット・ピピ島マヤベイ・カイ島


浅瀬でもこんなに魚が寄ってきます

プーケット・ピピ島マヤベイ・カイ島の魚


2018年の段階では現地の業者がバナナボートやジェットスキーなどのマリンスポーツを提供していましたが、2020年現在は旅行客が激減しているため休業中です。

カイ島から港に戻ったら送迎車でホテルまで帰って終了です!

確かホテルに到着したのは17時前だった記憶があります。


さいごに


いかがでしたか?2020~2021年はまだまだ海外旅行が難しい時期になると予想されます。

こんな時代だからこそ「日常の全てから解放される夢の楽園」に行ける日を夢見て
毎日を大切に生きていきたいです♪

タイ在住の方でも土日の短い休みにタイ南部は遠いですよね?

年末年始など長期休暇が叶う際にはタイ南部の楽園・伝説のビーチへ!

遊びに来て下さいね(*^_^*)



最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました