プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾート【The Hotspring Beach】

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートThe Hotspring Beac】アクティビティ


タイ南部で温泉が有名なエリアはラノーン県やクラビ県ですが、プーケットから車で約1時間のパンガー県にも天然温泉があります。

施設名はThe Hotspring Beach Resort & Spa(ホットスプリング・ビーチリゾート)。

旅行者にも人気のホテルですが、デイパスで温泉とプールだけ利用することもできるため、プーケット在住日本人にも人気です!

まだまだ知名度の低いリゾートなので、この記事ではホットスプリングビーチリゾートの行き方、料金、施設紹介、周辺エリア、レストラン情報など、写真付きで紹介していきます♪


プーケットの温泉ホットスプリングの行き方


まずは施設概要とアクセス方法。

施設名


The Hotspring Beach Resort and Spa(ザ ホットスプリング ビーチ リゾート & スパ)
住所79 หมู่ 8 Na Toei, Thai Mueang District, Phang-nga 82120
デイパス受付時間

09:00-18:00
電話番号076580000
ウェブサイト https://www.thehotspringbeach.com/
位置情報https://goo.gl/maps/3Xh1oNFjqHVAwyCz8


プーケット中心部からは1時強の位置です。



プーケットの温泉ホットスプリングの料金

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートの料金


タイのリゾートは時期や混雑状よって大きく料金が変動しますが、このホテルは一番安いお部屋で1,500~3,000バーツ程(5,000円~10,000円くらい)。

温泉とプール施設のみ利用できるデイパスは通年が変わらない料金で利用できます。

デイパス(温泉・プール利用料)
・大人(12歳以上) :300バーツ
・子供(6歳以上12歳未満):150バーツ

タオル(貸出)
・100バーツ/1枚
※デポジット250バーツ(返却時返金)
※ロッカーも使う場合は50バーツのデポジット


無料Wi-Fiも飛んでます。

ホテル価格ですがマッサージもあります。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートの受付


宿泊される方はホテル予約サイトから料金をご確認ください。





プーケットの温泉ホットスプリングの施設紹介


2022年3月にデイパスで遊びに行ってきた際の様子を写真と一緒に紹介します。


ホットスプリングのDAYPASSカウンター

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートの受付


デイパスで温泉に入る人は、ホテルのレセプションではなくプールの受付でお金を払ってホテル設備を利用します。

車は受付の近くに駐車可能です。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートの受付


入口に館内の紹介があります。


ホットスプリングのロッカー・シャワー・トイレ

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートロッカー


ロッカー50バーツのデポジットで鍵を借りれば利用できます。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートのロッカー


着替えるスペースもあり、ロッカーの手前で右に曲がるとシャワーとトイレがあります。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートのロッカー


女子とトイレは個室1つ、シャワー1部屋しかないので団体さんがいるときは注意です。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートのトイレとシャワー



ホットスプリングの温泉

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートの温水プール


温泉と言っても、温水プールなので水着着用で入るタイプの露天風呂です。

蛇の口から出ているお湯は45℃近くあり結構熱々。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートの露天風呂


円形の湯船の中は段差があり、半身浴から肩までつかれる深さまで出たり入ったりウロウロしたりとのびのびとお湯に浸かっていられます。

入った感覚としては40℃弱?39℃くらいかなと感じました。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートのホットプール


公式ホームページに掲載されていた温泉の情報です。

  • 約40年前に発見された天然温泉
  • カルシウム、塩化マグネシウム、フッ化物、マンガン、窒素硫黄、アンモニア、鉄が含まれる
  • 緊張やストレスの緩和、筋肉疲労・関節痛を和らげる

参照:The Hotspring Beach Resort & Resort



ホットスプリングの冷水プール(水風呂)

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートの水風呂



館内に円形の温泉プールが2か所あり、そのうち1つの正面には水温約17℃の室内冷水プールがあります。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートの冷水プール


エアコンルームにプールがあるって斬新!

一般的なサウナの水風呂は水温15℃~20℃なので、同じくらの冷たさ。

熱々の温泉で体を温めた後に水風呂でクールダウン、そして外気浴、何ならスイミングプールでプカプカ浮かんでもOK!!!

サウナがないのがちょっと残念ですが、これでも十分整いますよ!


ホットスプリングのスイミングプール

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートのプール


スイミングプールは子供用の浅いエリア、大人も泳げる深いエリアが一続きになっているので、広すぎず子供を遊ばせながら温泉に浸かっていられます。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートのジャグジー


ジャグジーもありましたが稼働していなかった…。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートのプール


ホテルの建屋が半円状にプールエリアを囲んでいる作りで、プールの端んいはプールバー(休業中)と小さなプールスライダーもあります。

小学校低学年くらいまでは十分楽しめるスライダーでした。

プーケットから行けるタイの温泉ホットスプリングビーチリゾートのスライダー




プーケット島内で子連れにおすすめのホテル



プーケットの温泉ホットスプリングのレストラン情報


ホテルのレストランは子供たちの面倒に追われ、写真を撮り忘れてしまいましたが、全席オープンエアーでデイパスで入った人も利用しやす雰囲気です。

メニュー数は多くはないですが、ソムタムやパッタイ、マッサマンカレーなどの定番タイ料理と、スパゲッティやピザ、サンドイッチなどの洋食メニューがいずれも1食200~300バーツ程度で提供されています。

ビールは小瓶で80~100バーツでした。


プーケットに戻る途中には人気のシーフードレストランも



プーケットの温泉ホットスプリングの周辺エリア


ホットスプリングのあるパンガー県は、プーケットと橋でつながったタイ本土の県です。

最寄りのビーチはナタイビーチですが、この辺りは本当に田舎でコンビニやスーパーがない!!!

なのでリゾートに到着するかなり手前で買い物に立ち寄って必要なモノを入手しておくことをオススメします。

周辺にレストランやミニマートは存在しますが、営業しているかは定かではありませんのでご注意下さい。

【その他周辺スポットは?】
日本版バチェラー4の撮影地Villa Saanti(ヴィラ・サンティ)

日本版バチェラー4の撮影地Aleenta Phuket Resort & Spa(アーリンタ・プーケット・リゾートアンドスパ)

ダイビングで有名なシミラン諸島への発着港であるタプラム港
参照:タップラム港 | 【公式】タイ国政府観光庁

ダイビングとサーフスケートでタイ国内旅行者に人気のカオラック
参照:カオラック | 【公式】タイ国政府観光庁

ミシュラン・ビブグルマン掲載店舗9箇所

  1. Hok Kee Lao
  2. Khanom Chin Pa Son
  3. Khok Kloi Bami Tom Yam Khai
  4. Krua Tonfon
  5. Mon Phochana
  6. Nai Mueang
  7. Roe Dang
  8. Sam Chong Seafood
  9. Takola



プーケットのミシュラン店舗まとめ

タイトルとURLをコピーしました