【日本からタイへEMS】2021年から手書き伝票で荷物が届かなくなる!?国際郵便マイページサービスの利用方法を解説

国際郵便マイページサービスのアイキャッチ国際郵便(EMSや船便)と関税

2020年12月8日、日本郵便から国際郵便に関する注意喚起があったことをご存知ですか?

日本郵便からののお知らせ
画像は日本郵便Webサイトより


2021年1月1日(金)から通関電子データの送信が義務化されます。手書きのEMSラベルなどで差し出されると名宛国で通関の遅れや返送のおそれがあります。また、米国宛の手書きラベルによる差出しは原則、お引き受けができません。

EMS・国際小包・小形包装物など差し出される場合は、「国際郵便マイページサービス」をご利用ください。

https://www.post.japanpost.jp/int/ead/index.html



はい、2021年から伝票の電子化されました。

そこで、この記事では電子伝票の作り方を紹介していきます。


※2021年5月21日更新

スワンナプームでの業務は5月5日から再開していますが、タイ国内の感染拡大に伴い、郵便局職員の感染が確認された場合などは、急遽、国際郵便の取扱いが停止されることがあります。

ご注意下さい。

※2021年4月28日追記

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、タイランドポストは2021年4月28日~5月4日迄、一時的に国際郵便の取扱いを停止しています。

以下の方法による発送は受け付けています。

  • クーリエポスト
  • ロジスポストワールド
  • 船便
新型コロナウィルス感染拡大の影響により、タイランドポストは2021年4月28日~5月4日迄、一時的に国際郵便の取扱いを停止しています。
画像はタイランドポストは公式Twitterより


タイランド・ポストの公式発表





通関電子データ送信義務化とは?手書き伝票不可の理由


では具体的に『通関電子データ送信』とは何?で、なぜ義務化?されることになったのでしょうか?

国際郵便のイメージ



日本郵便によれば

『通関電子データ送信』とは差出人・受取人住所および氏名、内容品名等、国際郵便物を差し出す際に税関告知書に記載する情報を電子化し、関係の郵便物が差立国から差し立てられる前に送信するものです。

https://www.post.japanpost.jp/int/question/150.html



義務化の背景にはテロ対策違法薬物等の不正輸入取り締まりがあり、関税の徴収漏れを防ぐためでもあるとされています。

特に米国は「STOP Act」という国内法があり、これが2021年1月1日に施行されると事前の通関電子データの送信がない荷物は米国側で返送されるため、日本側で荷物の引き受けを断るという事情です。

アメリカ国内法の流れに伴い万国郵便連合(UPU)でも、加盟国が『通関電子データ送信の義務化』に承認し、全世界を義務化対象国として2021年1月1日(金)以降の引き受け分から義務化が開始されます。

対象となるのは物品で書類は対象外のためこれまで通り手書きでも問題ありません。

ここが重要

義務化の対象となるサービス
⇒EMS(物品)、国際小包、小形包装物、国際eパケット、国際eパケットライト

義務化対象外サービス
⇒EMS(書類)、書留付き印刷物


国際郵便マイページサービスの登録方法


まず、国際郵便マイページサービスに差出人の個人情報を登録します。

国際郵便マイページサービスhttps://www.int-mypage.post.japanpost.jp/

国際郵便マイページサービスのログインページ
新規登録すると仮登録メールが届くのでリンクから本登録


E-mailアドレスとパスワードでログインできる状態にするまで約3分。この登録で差出人名・住所が記録されるため、以降の記入が不要となります。

通関電子データ送信に必要な情報

差出人名・住所、受取人名・住所、内容品名、総重量、郵便物番号(追跡番号)



次に伝票を作成します。

スマホ版は内容品の品目数が3種類まで(少なすぎぃいい!!!)なので4種以上の品目を送る場合は必ずパソコン版で作業を始めるようにします。

国際郵便マイページサービスのパソコンとスマホの違い



送り状の登録~印刷までの流れは以下のページを開いて流れを確認しながら進めば次からは簡単に伝票を作成できます。

国際郵便マイページサービスパソコン版の使い方

日本からタイに荷物を送ると関税がかかることがあるってご存知ですか?

特に内容品目の登録方法で関税のリスクが下がる可能性もあります。



国際郵便マイページサービスを利用するメリット


国際郵便マイページサービスを使ってみて私がメリットがあると感じた点をご紹介します。

今回作成した伝票1か月と1週間後に、無事に荷物を受け取ることができたので、その報告は別記事にまとめました。



メリット1:受取人側で伝票を用意して差出人にデータで送信できる


日本に居る高齢の両親から荷物を送って貰う場合、パソコンやスマホに慣れていない方も多く国際郵便マイページサービスを使いこなせないのでは?という心配ですよね?

しかし、逆に考えれば差出人本人が窓口で伝票作成する必要がないので、ログイン情報と内容物を共有すれば海外在住者が面倒な伝票作成を担当することもできる訳です。

これは日本にいる家族への負担を軽減できるので、大きなメリットだと感じます。

タイに居る受取人が伝票を作成し日本側でプリントアウトすることで発送準備が完了します。

我が家では、母が送ろうと思っている内容物を写真に撮って送って貰い伝票を作成しました。


メリット2:差出可否、引受停止国、料金改定などの情報を得やすい


送り状作成のためマイページにログインすると、画面上部に常に『郵便局からのお知らせ』が更新されています。

差出可否、引受停止国、料金改定など国際郵便発送時に引っかかりそうな項目は郵便局に行かなくても送り状作成前に確認することができます。

国際郵便マイページサービスのメインメニュー画面


メリット3:アドレス帳と内容物を登録しておくことができる


国際郵便マイページサービスでは届け先と内容物の情報を個人会員は合計99件まで、法人会員は合計1000件まで登録しておくことができます。

個人でアドレス帳を何十件も使うという方はあまりいないかも知れませんが『内容品名の英語表記』を毎回調べたり確認する手間を省くことができるので、我が家では日本から頻繁に送られてくる『ふりかけ』『カップ麺』『児童書』などを登録してみました。

国際郵便マイページサービスの内容品リスト




国際郵便マイページサービス利用時の注意点


実際にこのサービスを利用してみて注意した方が良いな、分りにくいなと思った点をまとめました。

注意点1:記載できる内容品の種類に限りがある


内容品目は「送る物品が何種類か」あるのかという意味なので内容品総(全部で何個か?)ではありません。

商品が何種類あるか?という意味です。

この項目部分がスマホ版は3つ、パソコン版20つと制限されています。

パソコンがないけれど、内容品が4つ以上ある場合の対処法は別記事にまとめました。



例えば、カップラーメン×3個、カップ焼きそば×2個、どん兵衛×2個を送るとしたら

厳密な商品別で1項目を使うのではなく、全てをまとめてInstant Noodlesとし

品目名x個数を『Instant Noodlesx7個』とすれば良いわけです。

注意点2:送り状を自分で印刷する必要がある(パソコン版)

国際郵便マイページサービス(パソコン版)では自宅で印刷する、パソコンの近くにプリンタがある前提でしか解説がなかったので、データを転送して別の場所で印刷する方法を紹介します。

画像の様に送り状の印刷画面まで行ったら指示には従わずプリンタボタンの左側にあるダウンロードボタンを教えてPFDファイルとして保存します。これでデータを転送した先でもプリントできます。

国際郵便マイページサービスから送り状を保存する方法


このPDFファイルをネットプリントにアップロードすれば、コンビニで印刷することもできます。

コンビニで利用できるサービスについても後程紹介します。

注意点3:専用のパウチ(無料)の請求は必要か?(パソコン版)


パソコン版では専用パウチと呼ばれる『伝票を段ボールに貼り付けるための透明袋』を原則請求しなければいけないような書き方ですが、郵便局のサイトを読み進めると

『郵便局に在庫がある場合は窓口でのお渡しも可能』
とあります。

これまで窓口で国際郵便の受付を行っていた郵便局で在庫がないということは考えにくいので、ご利用の郵便局が遠隔地でなければ窓口で対応できると考えて問題ないでしょう。

国際郵便マイページサービスの専用パウチ
専用パウチ(画像は日本郵政Webサイトより)



注意点4:入力しなくていい項目が分りにくい


送り状の作成を始めると、入力枠があるにも関わらず入力が不要な項目が出てきてアレ?となります。

『説明書を読まずに家電を使い始める』性格の方は要注意です。

例えば品目1点ごとの重さは入力枠がありますが入力不要です。

画像内⑬の項目には重量の項目がありますが、入力の必要性について記載がありません。

国際郵便マイページサービスの記入項目
画像は日本郵政Webサイトより


一方、最終的な総重量は入力が必要です。

国際郵便マイページサービスの記入項目
画像は日本郵政Webサイトより



入力項目があるのに何を入力すれば良いか分からない部分は入力不要項の可能性が高いです。
念のため国際郵便マイページサービスパソコン版の使い方 を見返してから印刷に進むようにしましょう。

注意点6:送り状は登録しておけば後から修正できる(パソコン版)


送り状のデータを間違った状態でプリントして、作業完了してしまったらどうなるのか?

初歩的な失敗ですが、我が家はいつもそんな感じ。

しかし、よくある質問の項目に答えがなかったので自分のためにも解説していきます。

まず、メインメニューに戻り『発送履歴を見る』

国際郵便マイページサービスから発送履歴を確認



次に、発送履歴に入ってしまった誤データの『詳細』

国際郵便マイページサービスから発送履歴を確認する



ここまで来ると、印刷に失敗した場合や登録内容を変更する場合の指示が出ます。

『出荷取りやめ』にすると送り状の登録内容が発送予定にもどります。

国際郵便マイページサービスの発送履歴データ確認



メインメニューから『発送予定データを見る』

国際郵便マイページサービスの発送予定データ



ここで『詳細』を選択すると修正画面に進むので、修正が必要な部分を直してから印刷しましょう。

国際郵便マイページサービスの発送予定データ

注意点6:伝票作成から7日経っても印刷しないと自動削除される


前項の『発送予定データを見る』の項目に入れてあるデータは7日以上経っても印刷されないと自動削除されてしまいます。

作成済み送り状の発送予定日を延期しなければいけない場合、発送予定日は当日から7日後まで設定できます。

7日後よりも遅くなる場合は印刷済とし発送履歴に入れておき6日後に修正するというように保険をかけておいた方が良いかもしれません。


家にプリンタがない場合EMS伝票を印刷するには


パソコン版で作成した伝票は自分で印刷する必要があります。

日本郵便のサイトでは「ご自身のプリンターで、A4用紙に印刷する」とありますが、別にプリンターを持っていなければいけないということではありません(^_^;)

国際郵便マイページサービスをパソコンで利用する場合


自宅にプリンターがない場合

スマホやパソコンで作成したデータファイルを、コンビニのネットプリントサービスに登録しコンビニで印刷するという方法を利用しましょう。


国際郵便マイページサービスの伝票をコンビニプリントする



コンビニで利用できるネットプリントサービスは以下2種類です。

セブンイレブンは個人情報を登録せず、ファイルをアップロードし登録番号を控えてコンビニに行けばプリントできるのでより簡単に伝票印刷できます。

コンビニで利用できるネットプリントサービス
  1. ネットプリント(セブンイレブン)
    https://www.printing.ne.jp/
  2. ネットワークプリントサービス(ファミリーマート、ポプラ、ローソン)https://networkprint.ne.jp/



タイで伝票を作成⇒データファイルをネットプリントに登録⇒プリント予約番号を差出人に伝える

この流れなら日本側の差出人は段ボールに詰めた荷物とプリントした伝票を持って郵便局に行くだけ。

これまで日本の高齢のご家族が伝票用意で苦戦していた場合も負担が軽減されます。

結論:伝票は手書きより国際郵便マイページサービスを使った方がずっと楽ちん


えぇーーー!?2021年から伝票手書きじゃダメなの( ゚Д゚)?

と焦った方もいると思います。

現状では『到着が遅くなる、場合によっては返送されるされることもありますが構いませんか?』と確認されるて程度で受け入れ不可ということではなさそうです(米国不可)。

マイページサービスは、一度登録して伝票作成の手順を覚えてしまえば今後の作業がとても楽になります。

国際郵便における手書き伝票の注意点


今後、注目すべきは『日本からタイ』に荷物を送る場合、これまで通り手書きで送る方法と通関電子データ送信した場合とで関税に引っかかるリスクに差が出るのか?ということ。

このブログでは、プーケット在住のいほーじんAが定期的に受け取る日本からの荷物の中身や発送方法を公開し、状況更新を行っていきます。是非、Twitterでのフォロー(@Haguki81108183)・更新情報のチェック・有益と思ったら拡散をお願いします。

最期までご覧頂き有り難うございました。


海外生活でのバイリンガル育児にお悩みの方へ



『日本から送ってもらって良かったもの』もについてもまとめています。

タイトルとURLをコピーしました