オンラインアシスタントを比較!おすすめの個人事業主向けアウトソーシング3社

事務や経理を個人事業主が外注したら月額は?おすすめアウトソーシング3社を比較駐妻&海外OKの在宅ワーク

雑務の外注化を検討しているフリーランスや個人事業主、小規模企業の経営者に向け、オンラインアシスタント3社のサービス・料金プラン・特徴を比較しました。

私は現在、外注として働く立場にいますが、挑戦したいことが増えた際には外注を利用することも選択肢の一つと考え、クライアント目線に立つためリサーチしています。

事務や経理を丸投げ外注できるアウトソーシング3社


この記事では、オンラインアシスタントの導入を検討しているが、同じような業者多く、どこに問い合わせていいか分からない人に向け

  1. 業務フローマニュアル不要
  2. 1か月単位で利用できる
  3. 返金保証付き

の特徴を持ったオンラインアシスタントサービスを比較・紹介します。

今回、タスカル・フジ子さん・i-STAFFの3社について調査を行いました。

 タスカルフジ子さんi-STAFF
月額¥44,000
(月10時間)~
¥51,700
(月20時間)~
¥125,400
(月30時間)~
無料
お試し
なし2時間
-1週間契約
3時間
-2週間契約
最低
契約期間
3か月1か月3か月
オフライン業務不可一部可対応可
返金保証なしなしあり


個人事業主の業務外注化で話題のオンラインアシスタントとは?

社長の生産性を上げるオンラインアシスタントとは?


タイを拠点に会社経営している人から、コロナの影響で日本人スタッフが本帰国してしまい、新規採用に悩んでいるという話を聞きました。

「自分で事務作業できないわけではないが、それをしてしまうとクリエイティブな作業が一切できない。」

「マインドの切り替えがストレスで生産性が上がらない。」とのこと。

こういった課題を解決するのが、外注化の新形態であるオンラインアシスタントです。

アウトソーシングの中でバックオフィス業務をサポートするサービスをオンラインアシスタントと呼びます


一般的なオンラインアシスタントは秘書・経理・人事・Web運用など、専門性の高いスタッフがチームになって雑務を担当するサービスです。

  • コロナ禍に進めたい事業があるのに人手が足りない
  • 社員採用や人材派遣を利用するほどの経費は出せない
  • バイトを雇うにも人材育成する余裕がない
  • クラウドソーシングは対応スピードや品質が不安
  • 作業をまかせるための業務フローマニュアルがない

といった個人事業主や小規模企業の悩みを解決することができます。

早速、今回調査した3社の特徴を紹介していきます。

オンラインアシスタント タスカルの特徴

タスカル
画像はタスカル公式サイトより


タスカルは株式会社カラーズが提供するオンラインアシスタントサービス。

月に10時間から小ロットで業務を依頼でき、専門ディレクターが柔軟に対応します。

めんどうなマニュアル作成は業務を進めながらアシスタント側で対応するので、稼働初期のコミュニケーションコストを抑えた事業促進が可能です。

\ 月10時間からミニマムに依頼できる /

仕組み作りやマニュアル不要で即日業務スタート


オンラインアシスタント フジ子さんの特徴

フジ子さん
画像はフジ子さん公式サイトより


フジ子さんはフジア株式会社によるオンラインアシスタントサービス。

「必要な時に必要なだけ」をコンセプトにした手軽さが最大の特徴です。

月額4.7万円(月20時間)にて1か月のみの利用でき、3か月契約からを最低契約期間としている他社の料金プランと差別化を図っています。

\ 一月だけのスポット依頼も可能 /

持続しやすい業界最安レベルの料金体型


オンラインアシスタント i-STAFF(アイスタッフ)の特徴

アイスタッフ
画像はi-STAFF公式サイトより


i-STAFFはファイブスターネット株式会社の運営するアウトソーシング会社です。

業務の外注化に慎重な人にも安心な返金保証付きで、業界では珍しくオフライン業務にも対応しています。

採用率1%を通過した優秀なスタッフが「スピード」と「確実性」にこだわって業務を遂行するオンラインアシスタントサービスです。

\ 業界唯一の返金保証付き /

早さx高品質にこだわった対応が特徴

オンラインアシスタント3社の料金プラン

タスカルの料金プラン

タスカル料金プラン
画像はタスカル公式サイトより


年間プランであれば月額2.5万円(税別)&月10時間の小ロットで契約可。

一人社長や小規模で事業展開している経営者にも導入ハードルの低い料金設定が魅力です。

タスカルの料金プラン(税込)
月額利用料3か月契約 :¥44,000/10時間
6か月契約 :¥33,000/10時間
12か月契約:¥27,500/10時間
時給換算¥2,750/時間(12か月契約)
契約期間3か月~
稼働時間10時間/月~
支払い方法前払い(カード決済)
無料お試しなし
返金保証なし


「タスカル」に相談してみる


フジ子さんの料金プラン

フジ子さん料金プラン
画像はフジ子さん公式サイトより


フジ子さんは1か月単位で契約でき、最小ロットの20時間でも月額4.7万円(税別)とリーズナブル

繁忙期と閑散期で使い分けができる柔軟なプラン設定が評判です。

フジ子さんの料金プラン(税込)
月額利用料
20時間プラン:¥51,700
30時間プラン:¥75,900
50時間プラン:¥108,900
月50時間以上の稼働:要相談
※全プランで1か月契約
時給換算¥2,178/時間(月50時間プラン)
契約期間1か月~
稼働時間20時間/月~
支払い方法前払い(口座振替/銀行振込)
無料お試し2時間(1週間契約)
返金保証なし

フジ子さん料金プラン2
画像はフジ子さん公式サイトより


専門スキルを持ったチームに業務を委託できる利点がありながら、フルタイムのサービスを利用した場合の時給換算は1,390円程度~と費用も業界最安級。

自社で採用する場合は社会保険料や支給品、交通費等のコストが発生するだけでなく、暇になったからと時給を下げるわけにもいかず、休職や退職の心配も。

フルタイムでも持続可能な利用料金体型にこだわっているのがフジ子さんの特徴です。

「フジ子さん」に相談してみる


i-STAFF(アイスタッフ)の料金プラン

アイスタッフ料金プラン
画像はi-STAFF公式サイトより


i-STAFFは業界で唯一返金保証があるオンラインアシスタントサービスです。

比較対象にあげたタスカル、フジ子さんの2社が低価格プランを打ち出している一方で、全ての料金プランにおいて稼働時間を月30時間~に統一

重点を費用対効果に置き、丁寧で確実な対応による顧客満足度の向上を図っています。

※5周年記念大感謝キャンペーンとして2021年6月1日~6月30日の期間中、新規契約者に対して各プランの値引料金が設定されています。

i-STAFFの料金プラン(税込)
月額利用料3か月契約:¥125,400/30時間
6か月契約:¥102,300/30時間
12か月契約:¥89,100/30時間
カスタマイズプラン:要相談
時給換算¥2,970/時間(12か月契約)
契約期間3か月~
稼働時間30時間/月~
支払い方法前払い(振込またはカード決済)
無料お試し2時間(1週間契約)
返金保証なし

アイスタッフ無料お試し
画像はi-STAFF公式サイトより


お試しプランは2週間契約。

初めてオンラインアシスタントサービスを利用する場合も、余裕を持ってコミュニケーション取れるよう期間が長めに設定されています。

※通常3時間の無料お試し時間が期間限定で6時間分無料となります(2021年6月1日~6月30日まで)

「i-STAFF」に相談してみる


オンラインアシスタントに依頼できる業務&できない業務

オンラインアシスタントに依頼できる業務


特徴・料金プランから、各社異なるコンセプトでオンラインアシスタントサービスを提供していることが分かってきました。

依頼できる業務内容の大枠は同じですが、ここにも微妙な違いがあり、各社の特色が出ているので紹介していきます。

オンラインアシスタントに依頼できる業務

 タスカルフジ子さんi-STAFF
秘書・営業事務
人事・経理
Webサイト/
SNS運用
電話代行
外国語対応不明
オフライン業務一部対応可


2019年にサービス提供を開始したタスカルはコーディングやWEB周り庶務に強くフジ子さんはインドネシアでサービス提供を開始した背景から外国語対応に強いとく特徴があります。

アシスタント側の求人記事を作成した際にも、フジ子さんでは海外在住や在住経験者を優遇してアシスタント採用を行っているこということでした。


→求職中の方はこちら



きめ細かな対応に定評のあるi-STAFFはオフライン業務に対応

書類の整理やファイリングの他、ハガキや請求書などの発送業務も依頼でき、冠婚葬祭に関わる事務も請け負うことができます。

i-staff-recruiting
画像はi-staff recruiting公式サイトより


i-STAFFでは通常のオンラインアシスタントサービス以外にも

「社内に採用専任の担当者がいない」

「求人・応募者への連絡・面接・内定後フォローなど、工程の多い採用活動を兼任するスタッフの生産性が一時的に落ちる」

「求人を出してもなかなか応募が集まらず、内定辞退者に頭を悩ませている」

といった企業に向け、採用業務をプロに丸投げできる「採用業務特化型のオンラインアシスタントサービス」も運営しています。


i-staff-recruitingの詳細




ここからはオンラインアシスタントに依頼できる作業を箇条書きにしていきます。

自社でどの業務を委託すべきか、具体的にイメージしてみて下さい。

秘書・営業事務

  • 電話代行
  • メール対応代行
  • 備品購入代行
  • 出張手配、ゴルフや会食の予約
  • スケジュール調整
  • リサーチ業務
  • 資料や提案書の作成
  • 見積書等の作成
  • データ入力
  • 文字起こし
  • 翻訳・英語対応

人事・経理

人事

  • 採用活動(募集・スカウト・応募者対応・面接などの代行)
  • 勤怠管理
  • 入社・退職の手続き


経理

  • 記帳代行
  • 振込・支払い代行
  • 請求書作成
  • 経費精算
  • 在庫管理
  • 給与計算
  • クラウドツールの導入サポート

Webサイト/SNS運用

  • Web制作
  • Webデザイン
  • WordPress基本構築
  • 校正作業
  • ライティング・入稿
  • バナー・チラシ作成
  • 動画編集・画像の加工
  • SNS運用代行
  • ECサイト運用代行
  • クラウドソーシングの監督業務


オンラインアシスタントに依頼できない業務


オンラインアシスタントに依頼できない業務もあります。

コアに近い業務やオンライン対応に限界のある作業は、対応できないことがあるため、各社へ問い合わせて確認しましょう。

  • 納期の短すぎる業務
  • 企画や開発などクリエイティブな業務
  • オフライン業務
  • マニュアルや指示リストのない業務

業務フローが定まっておらず、マニュアルや指示リストのない業務はオンラインアシスタントに依頼できないと考えられています。

しかし、新たに事業を立ち上げたばかりで人手不足の現場は

「ゼロベースから仕組みづくりをしたい」

「今は独自ルールが多いが、増員後に活用できるマニュアル作りがしたい」

とも考えているはずです。

2019年にオンラインアシスタントサービスの提供を開始したタスカルでは、この様なニーズにも対応しています。

めんどうな作業は丸投げできる!

タスカルなら最短即日からサポート可能


Web業務で売上アップを目指すなら【まるっとプラス】

まるっとプラス お悩み
画像はまるっとプラス公式サイトより


Web業務に特化したオンラインアシスタントなら『 まるっとプラス 』がおすすめです。

オフラインで処理してきた業務はそのまま継続できるが、コロナ禍でWebマーケティングやSNS運用に力を入れなければならない

ザックリとした計画はあるが、専門スタッフもおらず手が回らない

できれば知人に外注したいが、Webに必要な業務内容を把握するところから始めないと…

などなど、初歩的な悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

2時間分の無料トライアルで必要業務の洗い出しをするだけでもOK!「利用しない」と決めた場合に一切料金は発生しません。


\Web関連の煩雑な依頼を一元化 /

予算をかけず今後の展開を調査


まるっとプラスの特徴

まるっとプラス公式サイト
画像はまるっとプラス公式サイトより


「まるっとプラス」はウェブサイト経由の売上げアップに特化したオンラインアシスタントサービスです。

「ウェブサイトから売上をあげたいがその方法がわからない」

「ウェブに強いウェブ担当者が欲しい、相談相手が欲しい」

という悩みを解決し、アクセス解析、SEO、広告運用、クリエイティブ制作など複数の依頼内容を一元化することが可能です。


まるっとプラスの料金

まるっとプラスの料金
画像はまるっとプラス公式サイトより


オンラインアシスタントの多くが長期契約になるほど月額料金が下がる料金体系を取っていますが、まるっとプラスは違います。

1ヶ月単位で利用OKなので、Web業務に特化した内容を短期集中で依頼したい場合に最適。

用途によって「10時間」「20時間」「30時間」「50時間」から選ぶことができ、施策の効果測定から改善提案まで、最速で成果出すための業務を依頼できます。

まるっとプラスの料金プラン(税込)
月額利用料¥55,000/10時間
¥107,800/20時間
¥158,400/30時間
¥253,000/50時間
契約期間1か月~
稼働時間10時間/月~
支払い方法前払い(振込またはカード決済)
無料お試し2時間
返金保証なし



「まるっとプラス」に相談してみる


オンラインアシスタントサービスの選び方


オンラインアシスタントサービスをどう選ぶべきか? それは、

業務範囲、アシスタントのチーム体制、料金プランのバランスが判断基準です。

月20時間のプランを選択しても、10時間分の業務しか依頼しない場合、余った時間が無駄になります。

業務の専門性や対応範囲によってどのような人材が配置されるのかは、実際に問い合わせてみないと分かりません。

オンラインアシスタントも人間なので、依頼主との相性があるはず。

資料請求や相談の段階で得た感触を頼りに、予算との兼ね合いを見ながら依頼する流れが多いようなので、ここで各社の導入事例を一部紹介していきます。

タスカルの導入事例


LINE@の運用体制を構築し、仕組みづくりに成功した事例です。

ゼロからLINE@の運用体制を構築

・事業課題
社長一名体制で会社運営を行っており、事務作業や営業などの業務全てをひとりで対応する必要があった。本来集中してやるべき採用活動に時間を避けない

・プロセス
それまで特に工数がかかっていたLINE@運用業務をタスカルでサポート。顧客からの問合せの一次対応を行い、定型文をアップデートしていくことができました。同時にWebサイトの更新業務も一手にサポートいたしました。

・結果
LINE@の運用体制の構築及び、効率的な運用の仕組みを作ることに成功。依頼企業は、これまで手がかかっていた一次対応業務を手離れさせることができ、工数を大幅に削減することができました。

社員1-10人 ECサイト運営会社の場合 出典:https://taskar.online/

フジ子さんの導入事例


幅広い業務を必要なだけ依頼でき、最低限のコミュニケーションで生産性が向上したという感想もありました。

優秀なアシスタントがいるからこそ、生産性の高い仕事に専念できる

フジ子さんに頼んでいる仕事は、検討のための調べ物、データ整理やグラフ化などの資料作成、比較調査、経費処理、英語への翻訳、各種予約や手配など、非常に幅広い内容の仕事をお願いしています。
それぞれの仕事の報告時に「次にするべき仕事」も予測して提案し、進めるべきか聞いてくれるので、一度頼めば Yes か No の一言の返信でどんどん仕事が進んでいくので、とてもありがたいです。
その分、私が代表として本来しなければならないマーケティング戦略の検討など、付加価値の高い業務に割く時間が増えました。
日本ではパーソナルアシスタントは贅沢だという風潮もありますが、必要な分だけ頼めるフジ子さんのようなサービスもあるので、生産性を高められる方法は積極的に取り入れ、追求していきたいと考えています。
今は、フジ子さんに To Doリストを渡すだけでそれらがどんどん自主的に進んで行くので、とても気持ちよく仕事ができています。


起業代表取締役社長 男性 浅崎さん 出典:https://fujiko-san.com/

i-STAFFの導入事例


クラウドソーシングと比較して募集の手間や品質の違いを実感しているという声も。

素早く丁寧な対応に大満足です!!

当社はベトナムに本社を置き、サービス運営を行っています。i-staffさんには、基本的にWeb運用サポートとカスタマーサポートでお願いしています。
Web運用サポートをお願いしようとしたキッカケは、WebマーケティングとしてA/Bテストを繰り返したり、ちょっとした画像の編集など、一貫してお願いしたかったからです。
今までは某クラウドソーシングサイトを利用していたのですが、一回一回募集をかける面倒さと、ランサーさんごとで、クオリティの違いがあり、非常に煩わしさを感じていた為、i-staffさんのサービスを使ってみました。
急なお願いであっても、素早く丁寧に対応してもらえるので、非常に助かってます。
また、カスタマーサポートでは非常に丁寧に対応頂いているので、お客様からの信頼も非常に好評です。


企業代表取締役 男性 田中さん 出典:https://i-staff.jp/


まるっとプラスの導入事例


外注先が分散していたアクセス解析、SEO、広告運用代行などのWeb業務を一元化したいB社は20時間プランを選択。

【相談内容】
SEOはX社、Google広告・Yahoo!広告の運用はY社と分けて依頼しています。各レポートは提示されるもののツール上のデータのため、それぞれの成果が全体を通してどの程度売上に貢献しているのわからないため、アクセス解析を依頼したい。また、煩雑なため相談も含めて依頼を一元化したい。

【提案】

「集客」×「解析」の一元化でサイト全体の成果を把握

SEO、広告の各集客施策によるサイト全体の効果をアクセス解析を通して把握、その結果から注力すべき集客施策をさらに強化する事で相互効果が生まれます。集客と解析の両方を強化するため、プラン20を提案。


【ケース2】外注先を複数社に依頼していたB社の場合 出典:https://marutto-plus.jp/#free-trial


オンラインアシスタントサービス比較表


このあたりで3社の比較内容をまとめます。

稼働時間
タスカル月10時間から
フジ子さん月20時間から
i-STAFF月30時間から
価格
タスカル3か月契約 :¥44,000/10時間
6か月契約 :¥33,000/10時間
12か月契約:¥27,500/10時間
フジ子さん20時間プラン:¥51,700
30時間プラン:¥75,900
50時間プラン:¥108,900
月50時間以上の稼働:要相談
※全プランで1か月契約
i-STAFF3か月契約:¥125,400/30時間
6か月契約:¥102,300/30時間
12か月契約:¥89,100/30時間
カスタマイズプラン:要相談
時給換算
タスカル¥2,750/時間(12か月契約)
フジ子さん¥2,178/時間(月50時間プラン)
i-STAFF¥2,970/時間(12か月契約)
無料お試し
タスカル
フジ子さん
2時間(1週間契約)
i-STAFF
3時間(2週間契約)
返金保証
タスカル
フジ子さん
i-STAFF
特徴
タスカル月10時間から依頼できる
マニュアルいらず 
Web周りの庶務に強い
フジ子さん1か月のみで契約可
外国語対応に強い
業界最安級の低コスト
i-STAFF採用率1%の優秀な人材
早く質が良い対応
徹底したセキュリティ体制

オンラインアシスタント導入のメリット・デメリット

オンラインアシスタントのメリット


必要なときに必要な分だけ作業を依頼でき、人手不足を解消できるオンラインアシスタントですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

オンラインアシスタント導入のメリット

採用費・人件費が削減できる

稼働時間に合わせてプラン選択でき、短期契約や途中解約ができます。

会社都合の契約終了が難しいアルバイト・パート採用とは異なり、採用費などの初期費用もかかりません。

付加価値の高い作業を優先し生産性向上

雑務から解放され、経営者や社員がコア業務に専念するとで生産性アップにつながります。

起業したばかりで経理やWeb運用のノウハウが不足している場合や、仕組みづくりを加速させたいときこそ活用すべきサービスです。

オンラインアシスタントであれば依頼者側の負担が少なく、品質の高い成果物を得られるため、クラウドソーシングの募集に煩わしさを感じている人にもおすすめできます。

業務量に応じたプランを選べる

閑散期と繁忙期で必要な人員に差が出る場合も、必要なだけ稼働時間を選び契約期間を決めることができます。

人材育成不要で幅広い業務に対応

専門スキルを持ったアシスタントに依頼でき、人材育成に関する時間やコストが不要です。

作業内容に適した人材が対応するため、スピーディで質の高い対応が期待できます。

チームでタスクを処理するオンラインアシスタントは、1名のスタッフでは不可能なジャンルを超えた多数の業務に対応することが可能です。

特にフジ子さんはチーム制を前面に出したオンラインアシスタントサービスです。

プランナーがクライアントの希望を聞き、依頼に沿ったチーム編成をカスタマイズ。

チームの動きについても一括して確認することができます。

「フジ子さん」へ資料請求する


オンラインアシスタント導入のデメリット

通信環境とツールが必須

オンラインアシスタントを利用する上では、通信機器と通信環境が整っていることが大前提で

指示を出すためのツールにはSlackやChatworkを活用しているサービスが多く、新たにチャットツールを導入する必要がでてくることも。

相手の顔を見てやり取りをしたいという人には、スムーズにコミュニケーションが取れるまで時間がかかることもあるかもしれません。

オフライン業務を依頼できるサービスもありますが、原則アシスタントはオンラインで完結できる範囲で業務を行うのが一般的です。

事前にスキルを確認できない

専門のスキルを持ったスタッフが業務を担当することしても、実際に利用するまで品質を確認することができません。

数時間のトライアルでは依頼できる内容に限界があるので、契約前に作業のスピード感やクオリティをイメージしにくい部分があります。

情報漏洩やクレームのリスク

オンラインアシスタントに限った話ではありませんが、外部とオンラインでやり取りするため、誤送信や情報漏洩のリスクがあります。

業務の目的や背景が伝わっていない場合、イメージしていた成果物が納品されず、顧客からのクレームが発生するリスクも。

i-STAFFではアシスタントと秘密情報保持契約(NDA)を結んでいて、利用する端末にも最新のセキュリティソフトを導入しています。

情報漏えいを防ぐため「個人情報」や「社内機密情報」を含む業務の取り扱いは、本社勤務スタッフで対応するなど、セキュリティ体制を徹底するサービスです。

「i-STAFF」へ資料請求する


独自ルールが多い場合非効率的でノウハウが残らない

導入初期はオンラインアシスタントが作業をスタートするまでに、業務フローの伝達が必要となります。

独自ルールが多い場合にはコミュニケーションコストが高くついてしまい非効率に感じる業務も出てくるはずです。

加えて、マニュアルや手順書を依頼しない場合、アウトソーシングの利用を打ち切った後で、業務フローを社員が理解するためのノウハウが残らないという弱点もあります。

その点でタスカルは仕組みやマニュアル作成までまるっと外注できるサービスです。

\ 業務の整理をお手伝い /

仕組み作りやマニュアル不要で即日業務スタート



オンラインアシスタントを導入するメリット


チャットツールを活用したオンラインでの業務依頼だったとしても、仕事をするのは「人と人」。

個人で事業をしている人にとって、一緒にお仕事をする会社のカラーや担当者との相性は重要事項です。

ここでの比較結果は一つの参考に、複数社から問い合わせの上導入を検討してみてはいかがでしょうか。


日本とタイ2拠点でお仕事をされる方に

タイトルとURLをコピーしました