タイ在住者の国内旅行にプーケットがおすすめな理由【2021年最新】

ビーチ選びガイド

コロナ禍で海外旅行を遠い夢のように感じてしまう今日この頃、如何お過ごしですか?

海外旅行が再開できる日が来たときには、タイに遊びに来てくれる皆さんにまだ見たことがないタイを見て欲しい、人に自慢したくなるような素敵な旅行をして欲しい!と願っています。

そこで今回は、タイ国内にいる方に向けて2021年、タイ国内旅行はプーケットがオススメな理由をご紹介。



プーケットはホテルの選択肢が多い

プーケットの風景


コロナ以前であればピーク期と呼ばれる年末年始やソンクランは、およそ3カ月前の段階で大半のホテルが満室、予約が取れなくて当たり前です。

しかしコロナ禍の今年はまだまだ空室があってホテルも選び放題!

選択肢も幅広く、国外からの団体旅行客もいない!

これぞ、今こそプーケットに行くべき理由一つ目です。

2020年11月10日現在、2020年12月30日-2021年1月2日(3泊4日)の日程で空室確認したところ、アゴダでは3,818軒の宿泊施設に空室がありました

※ちなみにサムイ1,272軒、クラビ815軒でした。

タイ在住者の国内旅行にプーケットがおすすめな理由【2021年最新】



プーケットのホテルが安い

2つ目の理由は、ホテルの料金が国内旅行者向けに大幅値下げされていることです。

2020-2021は年越しステイでもビックリする程安いんです( ゚Д゚)

その一部をTwitterで紹介しています。

バンヤンツリー2020-2021年年越し料金
バンヤンツリー2020-2021年年越し
ダイヤモンドクリフ2020-2021年年越し料金
ダイヤモンドクリフ2020-2021年年越し料金





プーケットなのにガラディナーがない


ビーチリゾートのホテルの一部では未だに12月31日の宿泊に強制ガラディナーを設定しているところもあります。

ガラディナーとはホテルが主催するカウントダウンパーティでビュッフェの夕食をメインにライブミュージック、タイ舞踏ショーやラッキードロー(ホテルクレジットやスパ無料券がもらえるくじ引き)が行われます。


価格は1人あたり15,000円~30,000円が相場。たっ。。高っ!!!

一見楽しそうなイベントですが、年末年始の需要を見越して料金設定されているため、強制ガラディナーのホテルを避けるお客さんが多いのも事実です。

しかし、2020年末は新型コロナウィルスの影響で、ほぼ全てのホテルでガラディナーをキャンセルまたは選択制に切り替えています。

※この記事はホテルのガラディナー規定を保証するものではありませんので、予約の際には各自確認が必要です。


プーケットは様々な旅の目的に応えることができる


プーケットと言えばもちろんビーチリゾートですが、海だけじゃない!

海遊び以外にも沢山のアクティビティがあるんです。


街歩き


プーケットには歴史ある街並みが残るオールドタウンがあります。

コロニアル調のカラフルな建物、お洒落なカフェや壁画、中国寺院が点在する中を美味しいアイスコーヒー片手に巡ってみると、ビーチリゾートの新しい一面に出会えるかも知れません。


ミシュランガイド掲載レストラン


プーケットには1つ星1軒、ビブグルマン14軒のミシュランガイド2020掲載店舗があります。

中でも挑戦して欲しいのはプーケットのミシュラン・ビブグルマンでストリートフードとして掲載されているシーフードレストラン「Mor Mu Dong(モームードン)」です。

南タイならではのメニューも多く、オープンエアーのレストランはマングローブに囲まれた自然豊かなロケーションで頂く一風変わったシーフードの数々を楽しんでみてはいかがですか?



象とのふれあい

象さんビーチはプーケット観光の新定番!エレファントスイムで記念撮影


タイで象のりを体験したことがある人は多いと思いますが、近年では象の生態に触れ、象のお世話や象と一緒に海に入って写真撮影をするアクティビティが人気です。

Phuket Elephant Sanctuary
http://www.phuketelephantsanctuary.org/ja/
象の生態を学び、象が本来あるべき姿を人間が観察する「象ファースト」な施設

Phuket Eco Elephant Park
http://www.ecoelephantpark.com/
象と水浴びや泥遊びできる施設

ELEPHANT SWIMS @ Lucky beach, Tri Trang
https://web.facebook.com/elephantswims/?_rdc=1&_rdr
象と海で写真撮影できる施設

※上記3カ所は2021年2月現在電話で通常営業の確認が取れていますが、今後新型コロナウィルスの影響で変更が出る場合もありますのでご注意下さい。



それぞれの施設でコンセプトが異なるので、目的にあった施設を選んで下さいね♪




タイガーキングダム


チェンマイにもある施設ですが、プーケットでも虎との記念撮影が叶います

ここまで猛獣と至近距離で写真撮影ができる機会はなかなかありません。

また、海外からの旅行者が激減したことでいつも混雑しているこの施設もガラガラです。

タイガーキングダムプーケット:https://www.tigerkingdom.com/

画像はタイガーキングダム公式サイトより



お洒落ビーチクラブ


プーケットというということでやはりビーチ?と思われるかも知れませんが、ここ数年、ホテル宿泊客以外もホテル直結のビーチ前のバーでのんびりできる「ビーチクラブ」なるものが続々オープンしました。

週末はDJやアーティストを呼んでパーティをしているところもあるので、各種イベントはこちらのサイトを参考に Phuket.net: https://www.phuket.net/events/

街歩きや離島ツアーを旅のメインにして、プーケットの海は「ビーチクラブで楽しむ」という選択肢もあるということを知っていると新しい旅のスタイルが見つかるかも知れません。

プーケットの主要なビーチクラブ

M Beach Club(マイカオビーチ)https://www.mbeachclubphuket.com/
Xana Beach Club(バンタオビーチ)https://web.facebook.com/XanaBeachClub/?_rdc=1&_rdr
Catch Beach Club(バンタオビーチ)https://www.catchbeachclub.com/
KUDO Beach Club(パトンビーチ)https://www.kudophuket.com/
Coast Beach Club & Bistro Phuket(カロンビーチ)https://www.coast-beach-club.com/phuket/
Café Del Mar Phuket(カマラビーチ) https://cafedelmar-phuket.com/
※新型コロナウィルス感染拡大の影響で一部の施設は週末のみ営業となっています。営業時間にはご注意下さい。



さいごに


プーケットは11月から4月の乾季がベストシーズンですが、例年であればこの時期はハイシーズンで混雑しています。しかし、現在は新型コロナウィルスの影響でビーチはどこもひっそりと静か!

国内の移動ができる状況になったら是非遊びに来てください。



プーケットから行ける離島についても紹介しています(^_^)


最後までお読みいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました